TOP

貯金の仕方 先取り貯金より優先すべきは何??

年間100万円貯金を掲げる我が家。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


その証拠に、家を購入して3年目。3回目の100万円繰り上げ貯金は
もうできております^^

ということは、1年100万円以上貯金に成功してます^^v

(でも大半を繰り上げに回しているので、家の貯金額は少ないよ^^)

そんな私の貯金術を公開デス^^

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

私の貯金術 先取り貯金はしない。その前に固定費の削減が先!!

でも、「先取り貯金」と言う形はとってません^^
(実質先取りはしていますが)

例えば、お給料手取り20万円のお宅で、
家賃、保険料、携帯代、車のローンなどの「固定費」と言われる部分が仮に15万円だったとします。
これらの「固定費」は必ず出て行くので、実質「無い」ものと一緒なのですね。

ここで仮に「2万円」の先取り貯金をしたら、食費や病院代、日用品などの
「生活費」を月3万円でやりくりしなければなりません。

なので「固定費の削減から」と強調しています。
固定費をしっかり削ってから初めて「先取り貯金」です。
まず、月のお給料から、固定費部分を計算し、引き算します。

私家は大体24万円の手取りのお給料です。

固定費は、今まで11万円程度でしたが、
来月から住宅ローン含め10万円強ほどに減ります^^

その次、食費は35000円、雑費は45000円と決めています。
(これは余裕を持って計算してます^^この部分を貯金できるように、日々是精進w)
残った分を「貯蓄預金」に入れています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


例) 24万円のお給料。固定費10万 食費とかで8万円

24-10-8=6万円

うち2万円は予備として家に、残った4万円を貯蓄預金にIN♪
固定費の中でも、小遣いや保険料等は現金で必要なので、
(保険料は年払いしてるので、月々現金で積み立てています^^)
給料日前に127,000円を下ろします。(うちの場合)

127,000円を、小遣いや保険料、食費、雑費などに仕分けます。

この方法で、ほとんど「予定外にお金を引き出すこと」はありません^^
そして、食費、雑費で8万円の予算も大体月2万円以上余るので、
100均で蛇腹ファイルの「積立」というところにいれていきます。

以上貯金術公開でした。

.

最終更新日:2016-01-06 14:10

コメント (0)